アラビア語「塾」

皆様に愛されて開塾30年

リビア編

94 views
約 2 分

元火曜夜クラス10のTです。

4月2日から6日にかけてカダフィー大佐の国リビアを仕事で訪問してきました。今回は会社の役員の“かばん持ち”として短期間で首都トリポリとベンガジを回って、リビア政府関係者と協議することが目的であった為、自由な時間も殆どなく、レプティスマグナやサブラタの遺跡を回る時間は残念ながら取れませんでした。

それでも、移動中や食事の際に市内の様子を観察する時間はあり、それなりに楽しめた出張でした。市内のあちこちにカダフィー大佐の大きな写真や絵が飾ってあったのは予想通りとして、町中の案内、標識、看板がアラビア語のみで表示されているのは、アラビア語学習者にとって最高の環境であると共に、同行した会社の役員 (本社取締役+子会社のイギリス人常務) に対し自分のアラビア語への情熱を示す良い機会になりました。勿論、全ての表示の意味が理解できた訳では決してありませんが、少なくとも判った振りはできた訳です。

一方、リビアの人々は想像以上に開放的で、非常に多くの人が英語かフランス語かイタリア語のどれかを流暢に話します。女性も、スカーフは義務ではなく若い女性の多くはスカーフを被っていませんでした。流石にナイトクラブ、アルコール飲料、ベリーダンスは禁止されていますが、トリポリの有名なレストランの幾つかでは、音楽も流れ (但し録音)、和やかな雰囲気に包まれていました。ヨーロッパからの観光客が大挙してレストランに押しかけてきていたのは驚きでしたが。街中の商店も結構新しい店が多く、商品も豊富に置いてあったのは、やはり制裁解除のせいでしょう。

コメント

*
*
* (公開されません)

アラビア語“塾”語学研修10日間 to オマーン

アラビア語“塾”語学研修10日間 to オマーン 〜 الذكريات عن الرحلة الي سلطنةعمان

アラビア語“塾”語学研修10日間 to オマーン 〜 الذكريات عن الرحلة الي سلطنةعمان

アラビア語“塾”語学研修10日間 to オマーン はじめに(by 塾長) やあやあ、遠からん者は音にも聞け、近くば寄って目にも見よ。(其処の者、合いの手の鼓を打て)ポン! 古今東西、皆の衆、あーっ、そりゃ、そりゃ。アラビア語「塾」が設立され...

塾生 in Arab.

バハレーン編

バハレーン編

塾生 in Arab バハレーン編 【2004.12.17】 こちらはようやく最低気温が20度を切り良い季節になりました。さらに16日は独立記念日。4連休となるので楽しみにしていたのですが、イラクの選挙のため休日出社になりそうです。このとこ...
クウェート編

クウェート編

塾生 in Arab クウェート編 【2006.6.8】 クウェートはすっかり猛暑です。 先日選挙区改正で揉めに揉めた末、国民議会が解散し、来月総選挙になりました。本来なら来年に選挙が予定されていたのですが、繰り上がってしまいました。 クウ...
チュニジア編

チュニジア編

塾生 in Arab チュニジア 【2006.7.17】 ご心配をおかけしておりました。 昨日ベイルート近郊のドゥベイエ(観光名所のジェイタ洞窟の入り口です)にあるホテルにチェックインしました。 ベイルートから車で普段は30分くらいのところ...
さらに表示